山小舎カルチャー


期日
講師
(敬称略)
講演
特別寄稿

1993年6月 大場 秀章
「森を読む、北信濃の自然林と植物」



荒山雅行
「林業経営の現状について」


1994年6月 小野 健
「フォッサマグナ探索」
「日本列島を東西に分けるフォッサマグナ」

1995年6月 篠崎健一郎
「塩の道・千国街道の歴史を探る」
「中世土豪の暮らし」
1996年6月 西條 八束
「小宇宙としての湖・仁科三湖を観る」
「水面下に秘められた三次元の世界」
−湖のメカニズムを解明する−



城山 邦紀
「詩人 西条八十」

1997年5月 石原きくよ
「北アルプス開拓の先駆者、百瀬慎太郎」



曽根原文平
「慎太郎の思い出」


1997年10月 曽根原文平
「黒部最後の職漁者 曽根原文平氏は語る」


1998年6月 宮野 典夫
大町山岳博物館/その生い立ちと雷鳥研究


1999年6月 千葉 彬司
北アルプスの動物たち/カモシカの生活を中心に


2000年5月 中島 博昭
山と安曇野

10
2001年6月 倉田 稔
山小舎周辺の自然観察

11 2002年6月 大場 秀章 世界でも特異な日本のブナ林 仁科三湖と山小舎カルチャー
12 2003年7月 小野 健 青海町自然史博物館とマイコミ平の不思議 青海黒姫山石灰岩と溶蝕地形の特徴
13 2004年6月 荒井和比古 仁科氏の文化と大町の成立
 ―大町の歴史探訪―
一幅の掛軸をめぐって
− 渡辺敏と白馬岳 −
14 2005年6月 原山 智 『北アルプスの成り立ち』
━黒部川花崗岩と爺ガ岳・鹿島槍ヶ岳━
「世界一若い露出花崗岩と爺ヶ岳転倒カルデラの発見への道のり」
15 2006年6月 成田 研一 『国立公園よもやま話』 
━自然景観保護から生物多様性の保全へ━
日本の国立公園のこれまでとこれから